categories



丈夫な三つ折財布

長期使用レポート1



ノイインテレッセ
ICカード対応













calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

archives

エバーノートと旧式のスキャンスナップを連携させる

 前回の記事で、エバーノートと富士通の旧式のスキャンスナップは、リンク・連動できないようなことを書いてしまいました。これが、間違いであることが分かりました。

 スキャンスナップには、ScanSnap Evernote Edition (スキャンスナップ エバーノート エディション)というのがあって、この製品でないと、エバーノートとスキャンスナップは連動しないと思い込んでいました。
 実際には、私が使用しているScanSnap S510のような旧式のスキャンスナップでも、ScanSnap Manager (スキャンスナップマネージャー)で設定すれば、エバーノートと連携させられることが分かりました。以下が、その手順です。

まずは、スキャンスナップを接続しているパソコンに、Evernoteをダウンロードしてください。詳しくは、https://evernote.com/intl/jp/download/ を参照願います。

スキャンスナップマネージャーのアイコンをダブルクリックして、設定画面を出します。

Evernote_Scansnap001


「追加と削除」のボタンをクリックします。

Evernote_Scansnap002



「追加」のボタンをクリックします。

Evernote_Scansnap003


アプリケーションの場所を指定する場合、手入力また「参照」のボタンを押します。ここでは、参照のボタンを押して場所を指定します。

Evernote_Scansnap004


Evernote.exeのアイコンを選択して、「開く」のボタンをクリックします。

Evernote_Scansnap005


「アプリケーションの表示名」は、任意で記入可能です。ここでは、「Evernote」と記入しました。記入したら、「OK」のボタンをクリックします。

Evernote_Scansnap006


「追加されたアプリケーション」のウィンドーに、Evernoteが追加されていることが確認できたら、「閉じる」のボタンをクリックします。

Evernote_Scansnap007


「アプリケーションの選択」のドロップダウンメニューから、「Evernote」を選択します。

Evernote_Scansnap008


「適用」のボタンをクリックします。

Evernote_Scansnap009



これで、あとは通常のスキャンスナップの読み取り作業を行えば、作業終了後にファイル保存すれば、自動でEvernoteのノートに、スキャンしたpdfや画像ファイルなどが取り込まれるようになります。





コメント
コメントする