categories



丈夫な三つ折財布

長期使用レポート1



ノイインテレッセ
ICカード対応













calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

archives

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (4)

 昨年12月に購入したリモワ トパーズ キャビン トローリー 45L、ほぼ毎週のように週2日〜4日、新幹線や飛行機での出張のときに使ってきました。

RIMOWA008


 細部を見れば、擦り傷は結構ある。でも今のところ、使用上何も問題はなく、修理を依頼した箇所はない。しかし、さすがに毎週20kg前後の荷物を入れて引いているので、キャスターはかなり磨り減ってきた。まだ交換のタイミングではないが、来年の春くらいまでには一度交換が必要かなかぁと。


RIMOWA009


 テレスコープハンドルは、長期間使用すると、伸ばしたときの接続部位にヒビが入りやすいと思うが、今のところまったく問題なし。

RIMOWA010


 本体を開閉するときの勘合部の一部は、アルミのエッジ同士が擦れあって黒ずんでいたり、摩滅している部分がある。キャスターから伝わってくる振動で少し削れたようになっているが、これも実使用上は全く問題なし。

RIMOWA012


 TSAロックの筐体は金属ではなくて樹脂で出来ている。ぶつかったりして割れたりしないかと当初心配していたが、今のところ何も問題はない。

RIMOWA011


 これからは、前回レポートしたRIMOWA TOPAS CABIN TROLLEY 32Lと併用していく。32Lは、日帰りや一泊出張のときに、45Lは2〜4泊の海外国内外出張に使っていく。どちらか一方が壊れたときのバックアップにもなる。

 では引き続き、半年後または一年後にRIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 45Lの5回目長期レポートをお送りします。





icon
icon



関連記事

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (3)

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (2)

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (1)










 


JUGEMテーマ:旅の必須アイテム



RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (3)

RIMOWAには、ポリカーボネート製、金属製に関わらず、バッグホルダーが付いている。中央上部にあるフックを引き出してクルッとショルダーバックの取っ手の部分とかに巻きつけるだけ。
僕の場合は、駅の売店でかったお弁当が入ったビニール袋や、お土産が入った紙袋なんかを引っ掛けることもある。荷物が多いときには、意外とこれが便利。






ところで、僕はANAのマイレージクラブの会員なのであるが、最近ANAのショッピングサイト(astyle)で、たまったマイレージでRIMOWAを購入できることを知った。いままで、マイレージは航空券に換えていたので、このサイトには正直無関心だった。現在、10万ポイント以上たまっている。前回購入したトパーズは、45Lの4輪だったけど、もう一段小さい、1,2泊用の32Lの2輪のトパーズに交換してもよいかなぁと考えている。


関連記事

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (4)

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (2)

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (1)




にほんブログ村 旅行ブログへ
応援ポチ、是非お願いします。




↓ANAのマイレージをRIMOWAに交換


<RIMOWA>トパーズ キャビントローリー イアタ 2輪 32L






RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (2)

昨日は、雨の中出張へ。

以前使っていた2ホイール(wheel)式のピギーバッグの場合、鞄が斜めになった状態で運ぶので、ピギーバッグの上に載せたショルダーバッグが、さした傘の範囲から外れて、雨に濡れやすかった。

新しく買ったRIMOWAは、4ホイールなので、鞄が垂直に立った状態で運べるので、RIMOWAの上に載せたショルダーバックやビジネスバッグが、さした傘の範囲に入りやすく、防水性の低いカバン等をRIMOWAの上に載せて運ぶ場合でも、安心感がある。

リモワ


それでも、傘をさしても歩いても、RIMOWAの下部は、どうしても濡れやすい。でも安心。リモワのトパーズは、ボディがアルミ製だし、勘合部の全面にゴムシールが付いているので、防水性は心配ない。


関連記事

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (4)

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (3)

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (1)




にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ<ーー応援ポチ、是非お願いします。








RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (1)

 本日から、リモワ トパーズ (RIMOWA TOPAS)の長期使用レポートを開始します。

 これから先使っていて、気になった点や使い方の工夫を思いついたときに、随時記事を書いていきます。



 まず私が、選んだ製品を正確に書きますと、

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL (920.56)

です。

 2〜4泊が目安とのことですが、実際使ってみて5泊まではいけそうな感じです。
 購入したのは、昨年の12月です。購入した理由は、以下の通り;

1. 出張が多く、週最低3日は国内外へ泊まりの出張仕事に行く。

2. キャスター付きのピギーバッグやスーツケースの上に、10kg以上ある別のビジネスバッグを載せて移動することが多いく、この状態で週3日以上出張のお供で使用に耐えてくれる必要がある。

3. どんなに注意して使っても、週3日以上使うとなると、使用開始して数年後にキャスター磨耗したりハンドルにヒビが入ってくるので、このような破損部品を交換するため、長期間スペアパーツを提供してくれるメーカーでないと困る。

 この10年以上、様々なピギーバッグやスーツケースを使ってきた中では、サムソナイトが、一番長期間スペアパーツを用意し続けてくれた。小型のピギーバッグの場合、別の重いショルダーバッグなどを重ねて載せて引いていた影響で、伸縮性のハンドルを3、4回取り換えてもらったが、確か4、5年目で、デザイン変更により、もうスペアパーツがないと言われた記憶がある。これでも、サムソナイトは比較的長くスペアパーツを用意してくれていると思う。

 他のメーカーは、スペアパーツが早くになくなってしまい、カバン本体はまだまだ使えるのに、ハンドルが折れる寸前まで来て、仕方なく交換ということもあった。

 僕が今回購入したRIMOWAは、京都の高島屋で購入した。それまで使っていたキャリーバッグが京都旅行中に老朽化のため、完全に壊れたからだ。高島屋の店頭で

 「RIMOWAの定番商品ならキャスターなどを交換・修理しながら使えば、30年ものです」

と、自信を持って言われたからだ。これが本当なら、カバン業界のライカと言いたい(笑)。いずれにしても、この一言で購入することにした。




 確かに、RIMOWAのTOPASは安くない。30年もてとは言わないけど、会社を定年する12年後くらいまでは耐えて欲しいものだ。では、またレポートします。



関連記事

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (4)

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (3)

RIMOWA TOPAS CABIN MULTIWHEEL 長期使用レポート (2)




にほんブログ村 旅行ブログ 仕事旅へ<ーー応援ポチ、是非お願いします。


JUGEMテーマ:旅の必須アイテム